寒川友恵

あなたの喜びは何ですか?

「人との交流!」と答えてくれました。彼女は笑顔で人と話し、手で癒すことで、深く精神的なレベルで彼らを知り、その見返りに自分についても新しいことが学べるのだと。


生活の質の向上

「もしかしたら余計なお世話かもしれないと思いつつ、髪を直してみた方がいいかもとか、運動を始めてみたら?って言うの。」そして、お客さんが改善したのに気づくと、ちゃんと褒めるようにしているそう。頻繁に褒め言葉を言うと、お客さまは言われることなく自然に自分磨きをし始めるのだと。


寒川友恵

「ソシオエステシャン」という言葉を聞いたことはありますか?「ソシオエステティック」とは、人道的・福祉的観点から、精神的・肉体的・社会的な困難を抱えている人に対し、医療や福祉の知識に基づいて行う総合的なエステティックです。エステティックの施術によって人を癒し、励まし、QOL(生活の質)の向上に寄与し、その人が本来の自分を取り戻すために支援することを目的としています。今日ご紹介したいのは、寒川友恵さんです。彼女は35年以上のソシオエステシャンの経験があり、東京でお年寄りと障害者を専門としたサロンを経営しています。彼女はスピリチュアルに調和していて、肉体的にも精神的にも健康であることが、美しくなるための鍵であると信じています。



最初に気づくのは、彼女の笑顔。彼女の笑顔は自然で、無理をしている感じがなく、ふっとしてると自分も笑顔になっていました。「エステティシャン」と聞くと、落ち着いた人のことを思い浮かべるかもしれませんが、寒川さんは正反対。前向きなエネルギーに満ちていて、自分の人生について喜んでおしゃべりしてくれます。「あなたの喜びはなんですか?」と聞くと、すぐに「人との交流!」と答えてくれました。彼女は笑顔で人と話し、手で癒すことで、深く精神的なレベルで彼らを知り、その見返りに自分についても新しいことが学べるのだと説明してくれました。友達でも家族でもない心を癒しながら一緒に歳をとっていく独特な関係を築くことで、お客さまは彼女の人生で重要な人たちになっていきます。


彼女の専門は精神的・肉体的に人々を癒すことです。ソシオエステティシャンの強みは、医療従事者や介護士の立場とは違う方法で人々を助けること。マッサージやコミュニケーションスキルを含む美容トリートメントを行い、クライアントのQOLを向上させることができます。「もしかしたら余計なお世話かもしれないと思いつつ、髪を直してみた方がいいかもとか、運動を始めてみたら?って言うの。」そして、お客さんが改善したのに気づくと、ちゃんと褒めるようにしているそう。頻繁に褒め言葉を言うと、お客さまは言われることなく自然に自分磨きをし始めるのだと。もちろん自分の面倒をみることも忘れていません。自分を尊重することを忘れず、夜、一日を振り返り日記に書いたり、お祈りをしたりします。常に笑顔でいることを忘れない彼女。彼女が微笑むと、彼女自身だけでなく、周りの人々もを前向きにさせてくれるように感じます。